トップ / 歯科でも自宅でも歯のケア

歯科でのホワイトニングについて

白い歯には誰もが憧れますよね。しかし生まれつき歯の色調が暗い方もいるでしょう。その場合、歯科ではホワイトニングという、薬液を使って歯を白くする治療があります。今回はホームホワイトニングについて説明します。まず、その名の通り自宅で行うホワイトニングです。自分の好きな時間に、手軽に行えるというメリットがあります。しかし低濃度の薬剤なので、効果を実感できるまでに回数がかかるでしょう。白くなるまでに根気が必要です。また、ホワイトニング期間中は着色性の飲食を避けなければなりません。知覚過敏がある方には向きません。歯科でよく相談してから行いましょう。

ホームホワイトニングのメリット

自宅でできるホームホワイトニングは気軽にでき費用も安いということで、最近では利用する人が増えてきています。クリニックでホワイトニングをする場合、審美歯科(見た目の美しさを重視した治療)となってしまうため、健康保険の対象にはなりません。そのような理由からホームホワイトニングを利用する人が多いのかもしれません。しかし、歯科クリニックで使用する薬剤より濃度が低いので効果が現れるまでに時間がかかります。また、ホワイトニング終了後にコーヒーや紅茶、赤ワイン、カレーなど色の濃いもの、着色料の強いものを食べたり飲んだりしてはいけません。ホワイトニング終了後の歯はとてもデリケートな状態ですので、1時間は我慢しましょう。

きれいな歯の治療情報